本文へスキップ
ケアマネージャーは
介護と福祉・保健の専門家です

ケアマネージャーは、介護と福祉・保健の専門家です

ケアマネージャーとは


ケアマネージャーは、正式には「介護支援専門員」といわれ、2000年4月にスタートした介護保険制度によって誕生した資格です。

介護保険制度は、40歳以上65歳未満の人を第2被保険者、65歳以上の人を第1被保険者として保険料を徴収します。

これら被保険者から集めた保険料を全体の保険料の半分と定めて、残りの財源を国・都道府県・市町村で負担し、この2つを財源として介護が必要な人たちに介護支援サービスを行うというものです。

ケアマネージャーは、その介護保険の元、介護が人うようになった人からの要望に応じ、各人の状況の分析を行い、要望に沿ったサービスを受けることができるように、市町村やサービス提供業者、介護保険施設などと連絡調整を行い、介護に必要な支援をコーディネートします。

介護が必要とされている人たちが自立した生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識や技術を有する介護と福祉の専門家が、ケアマネージャーです。




最も多くの人がとっている学習法は、通信講座です


ケアマネージャー  ユーキャンのケアマネジャー講座
 ユーキャン ケアマネージャー通信講座    ユーキャンが選ばれる3つの理由

1.全合格者の約5.2人に1人はユーキャン受講生!

2.文字が大きくて読みやすく、イラストやグラフ・図表で理解がスムーズ! ポイントがやさしくつかめます。

3.『でるケアBest200』は持ち運びに便利なハンディタイプ! 仕事の合間などにも勉強できる!