本文へスキップ
ケアマネージャーは
介護と福祉・保健の専門家です

ケアマネージャーは、介護と福祉・保健の専門家です

求められる資質


ケアマネージャーは、常に介護を必要とする社会的弱者を支援の対象にしているため、相手お立場に立つことができる優しさと思いやりの心、さらには各個人の状況によって最適なケアプランを作るという観点からも細やかな配慮が必要とされています。

また、地域で活用出来る保健・医療・福祉サービスを組み合わせ連携していくことができるだけの知識や物事を決定していく決断力も同時に求められます。

そんな中でも、ケアマネージャーにとって最も大切なのは、要介護者の人権を守り、尊重することです。

ケアマネージャーは、家庭や社会の中で、また施設などの中で要介護者の人権が尊重されるように常に注意深く見守っていかなければなりません。

痴呆などがあり、他の方ともコミュニケーションがスムーズでない場合は、よりケアマネージャーが配慮しなければなりません。

また、ケアマネージャーは、介護支援においける援助のすべての過程において、要介護者や家族の主体性を尊重しなければなりません。

具体的に言うと、要介護者本人の自己決定を尊重しなければならないということです。

ただし、痴呆症などによってやむをえずそれができない場合においては、可能な限り本人の意思をおもんぱかり、介護者である家族の意思を尊重しなければならないということです。

つまり、ケアマネージャーは、必要な情報を与えつつも、「このサービスをしてあげよう」という風に考えてはいけないということです。

要介護者の主体性を尊重するということは、ケアマネージャーと要介護者の関係が対等であるということを除いては成り立ちません。




最も多くの人がとっている学習法は、通信講座です


ケアマネージャー  ユーキャンのケアマネジャー講座
 ユーキャン ケアマネージャー通信講座    ユーキャンが選ばれる3つの理由

1.全合格者の約5.2人に1人はユーキャン受講生!

2.文字が大きくて読みやすく、イラストやグラフ・図表で理解がスムーズ! ポイントがやさしくつかめます。

3.『でるケアBest200』は持ち運びに便利なハンディタイプ! 仕事の合間などにも勉強できる!