本文へスキップ
ケアマネージャーは
介護と福祉・保健の専門家です

ケアマネージャーは、介護と福祉・保健の専門家です

ケアマネージャーの将来性は?


ケアマネージャーの需要は介護保険の利用者増加に伴い、今後も引き続き増加傾向にあります。

その保険制度を利用してサービスを受ける際には原則としてケアマネージャーによるサービスプランの作成が必要となるため、どの事業所も確保が至上命題なのです。

今後もケア付き住宅や有料老人ホームなどの福祉分野では今まで以上の伸びが期待されており、将来性のある職種です。

近年、新規ビジネスの現場には、高齢社会で高まることが予想されるシルバーニーズを見込んだ様々なあたらしい介護ビジネスが参入してきています。

もちろん、そういった場面においても高齢化社会を支える福祉と保健の専門家であるケアマネージャーは、貴重な人材であるということになります。

また、グループホームなどにおいては、従来は、ケアマネージャーの配置が義務付けられていませんでしたが、2004年4月から配置が義務付けられるようにもなりました。

また、介護保険法において、介護保険サービス提供事業者が介護保険給付の適用を受けるためには、1名以上のケアマネージャーを配置し、都道府県知事の指定を受けなければならないという決まりもでき、ケアマネージャーの活躍の場は広がる一方です。




最も多くの人がとっている学習法は、通信講座です


ケアマネージャー  ユーキャンのケアマネジャー講座
 ユーキャン ケアマネージャー通信講座    ユーキャンが選ばれる3つの理由

1.全合格者の約5.2人に1人はユーキャン受講生!

2.文字が大きくて読みやすく、イラストやグラフ・図表で理解がスムーズ! ポイントがやさしくつかめます。

3.『でるケアBest200』は持ち運びに便利なハンディタイプ! 仕事の合間などにも勉強できる!