本文へスキップ
ケアマネージャーは
介護と福祉・保健の専門家です

ケアマネージャーは、介護と福祉・保健の専門家です

ケアマネージャーはこんな仕事をしている


ケアマネージャーの主な仕事は、ケアプランの作成です。

介護が必要であると認定を市町村から受けた「要介護者」や家族からの依頼を受けて、心身の状態などに応じた適切な居宅サービスや施設サービスを利用できるように介護のプランを立てます。

また、ケアマネージャーは、ケアプランを実行するために必要なスタッフを召集し、サービス担当者会議を開いてケアプランを検討します。

サービス担当者会議で決定されたケアプランの内容は、計画書として文書化され、人うような援助の種類と内容、サービスを提供する業者、自己負担額の見積もりなどが明記されて、利用者や家族に知らされ了解を得ます。

その後、ケアプランが実行されたのちも、ケアマネージャーは継続して利用者とサービス事業者、市町村などとの連携を取りながら介護支援サービスが円滑に提供され続けるように管理していきます。

さらに、介護相談に応じて助言・指導を行ったり、社会資源について情報提供を行ったり、市町村から委託され、介護認定のため訪問調査を行うなどの業務もあります。




最も多くの人がとっている学習法は、通信講座です


ケアマネージャー  ユーキャンのケアマネジャー講座
 ユーキャン ケアマネージャー通信講座    ユーキャンが選ばれる3つの理由

1.全合格者の約5.2人に1人はユーキャン受講生!

2.文字が大きくて読みやすく、イラストやグラフ・図表で理解がスムーズ! ポイントがやさしくつかめます。

3.『でるケアBest200』は持ち運びに便利なハンディタイプ! 仕事の合間などにも勉強できる!